始めて放送されたウルトラマンの効果音に味があります

初めて国内で放送されたウルトラマンの効果音を聞いて、レーザービームを放つ音やウルトラマンが登場する時の音がかっこいいです。飛んでいる時に風がなびくような効果音が楽しかったり、怪獣を攻撃した時の爆発の音に感動しました。敵を攻撃した時に当たる効果音はエコーが掛かっていて、戦場で敵と戦っている時の臨場感を味わえました。

初代の場合、ハヤタ隊員が道具を持って変身する時の掛け声やダンディーな声で敵を攻撃する場面が印象的です。

「シュワッチ!」

という掛け声は、かっこよさの面で多くのファンから支持されたと思います。
手で敵を攻撃したり、攻撃を受けた時の叫び声の効果音にエコーが掛かっていたので、子供達を中心に人気が出たと思います。

戦闘機が攻撃する時に出る雷の効果音などもリアルさがある事を感じていて、特撮シリーズの中でも演出の面が上手でした。戦っている時に鳴る地響きなどの音はとてもパワフルで、重低音が鳴り響いている中で怪獣と戦っている様子は爽快でした。