救急車のサイレンの効果音

救急車から鳴っているサイレンの効果音は、数百メートルほど遠くに離れていても一般の人であれば聞こえる大きさになっている事で、早急に運転手に緊急をお伝えする工夫をしていると思いました。向かってくる救急車が運転手のいる場所を通り過ぎると、ドップラーの効果でサイレンの効果音が半音下がったように聞こえる事が不思議に感じます。


救急車がサイレンを鳴らしている時に聞こえる救急隊の声に必死さを感じて、通行車両は一斉に道を開けます。基本的に遠くからサイレンの効果音が聞こえたら、運転手は道を譲るように運転をする事が道路交通法で定められているので、緊急として遠くから聞こえるように効果音を出しているように設計をしていると思いました。


最近はさらに運転手に分かりやすいようにハーモニックのサイレンの効果音を導入していて、多種多様なサイレンの音を耳にするようになりました。ハーモニックなどの種類の効果音を導入する事で、歩行者や自転車を運転している人も通行に気を付けなけばならないという意識が芽生えると思いました。